« 土屋美寧子リサイタル | トップページ

2010年10月 9日 (土)

アフタヌーンコンサート

 久しぶりの自主公演、「第22回和波たかよしアフタヌーンコンサート」が近づいてきました。今回は、去年の6月に大変ご好評をいただいたチェリストの岩崎洸さんを再びお迎えして、土屋美寧子と3人でトリオを中心としたプログラムを演奏します。
 大学の同級生である岩崎さんとは、昨年初めてコンサートで共演しましたが、演奏はもとより、トークも大変好評でした。そして私たちは、すぐに今年の秋の共演を約束したのです。
 その後も、たとえば松本の「サイトウ・キネン・フェスティバル」などで何度か会うチャンスがあり、食事を共にするなどしながら友情を深めてきました。そして今回、ブラームスの大曲、ピアノトリオ・第1番と取り組んでいます。
 互いにアイディアを交換し、いくつもの解釈を試しながらの練習はとても刺激的で、今回も私は多くのことを学びました。それは、半世紀を超える人生経験を持つ3人が、それぞれ積み上げてきたものを持ち寄って新しい建築物を組み立てるような、実に楽しい仕事です。そして、いよいよ本番が目の前に迫ってきました。
 お客様を前にしてどんな演奏が立ち現れるか、練習の積み重ねの向こうに何が待っているのか、それを思うと快い緊張感に包まれます。
 コンサートは11日(月)の午後2時から、上野の東京文化会館小ホールです。詳しくはこちらをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。

|

« 土屋美寧子リサイタル | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土屋美寧子リサイタル | トップページ