« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月31日 (土)

新幹線の中から

今日は昼頃世田谷の家を出て名古屋へ行き、今は帰りの新幹線の車内です。明日が学生音楽コンクールの本選会で、名古屋の小学生の弟子が出場するため、最終チェックに出かけたのです。
大人なら東京までレッスンに来てもらうところですが、小学生を前日に呼び寄せるには体力的な不安もあり、自分で出かけた方が良いと判断したのです。「可愛い孫に会いに行ってくる」と妻に言い残して出てきました。通常は大学でのレッスンの後に、別のスタジオを借りて教えているのですが、それが火曜日なので、もう一度聴いておきたいと思ったわけです。彼女もお母さんもとても努力したし、私もできるだけのことはしたつもりですが、さて、どんな演奏をしてくれるでしょうか。そして、それがどんな評価を受けることになるのでしょうか。
実は、同じコンクールの東京大会も明日行われ、そこでも可愛い孫のような弟子が演奏します。今朝最後のレッスンをしましたが、きれいな音で満足な仕上がりでした。後1日、気を付けて練習して欲しい点をアドバイスしました。
60歳を過ぎてから、このレベルの高いコンクールに入選する弟子を二人も持てたのは、なんと幸せなことでしょう。これまで音楽のために私のしてきたことを神様が認めて褒美をくれたのかな、とそんな満足感を味わっています。
もちろん、二人が好成績を収めることを願っていますが、なによりも、二人が伸び伸びと楽しく弾いてくれることを望んでいます。体が一つしかないのが非常に残念ですが、名古屋は心で応援し、身柄は東京大会を聴きに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »