« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月20日 (木)

使命

今日は、名古屋でプライベートレッスンを行うため、今新幹線で移動中です。
私が一人で旅行をするときには、多くの方々のお世話になっています。ホームで電車に乗るときは、近くの人に乗車位置を教えてもらいますし、駅での乗り換えでも、乗客の方がよく手伝ってくださいます。白杖を使って歩いていて、うっかり誰かにぶつかってしまうこともあります。
たぶん、自分では気付かないうちにご迷惑をかけていることもあると思います。それを償うためには、こうして出かけて行く先で、できるだけ生徒たちに有益なレッスンをすること、それしかないと考えています。お世話になりっぱなし、迷惑をかけっぱなしではだめです。私にできる方法で社会に恩返しをすること、そのことの大切さを胸に、今日も列車に乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

帰ってきました

 2週間にわたる山梨県大泉町での別荘生活を終えて、一昨日東京に帰ってきました。といっても、避暑に出かけていたわけではありません。毎年この時期に、20人ほどの受講者を招いて指導する「八ヶ岳サマーコース&コンサート」を開いているのです。今年は小学4年生から30才代半ばの人まで、ヴァイオリニスト16名とピアニスト1名が参加し、妻と私、それに二人のアシスタントで指導に当たりました。
 「大自然の中で、音楽漬けの日々を送ろう」とのコンセプトで、もう23年も続けているのです。詳しいことについては、公式ホームページをご覧になって下さい。
 ところで、今日は久しぶりにピラティスのトレーニングを受けてきました。妻と、もう一人のお仲間と、3人で汗を流しましたが、とてもすがすがしい後味が残りました。八ヶ岳では、住まいの山荘からレッスン場まで、ヴァイオリンや楽譜などの荷物を持って坂を上らなければならず、それがけっこう苦労なのですが、今年はわりあい楽でした。体調が良いことを嬉しく思いながら、「きっとこれはピラティスのお陰だ」と、指導してくださる本橋恵美さんに感謝の気持ちでいっぱいでした。
 夏の忙しさは、まだ続きます。ちょっと一息ついたものの、明後日からは生徒のレッスンを始めますし、地方へ教えに出かける日帰り旅行もあります。そして23日からは再び八ヶ岳で、妻の土屋美寧子が中心になって指導する「室内楽短期セミナー」があり、私もそこで弾いたり教えたりします。さらに、9月第1週は「サイトウ・キネン・フェスティバル」で松本へ遠征です。今年は小澤征爾さんの指揮で、ブラームスの交響曲第2番などを演奏します。
 私にとって、普段やっていないオーケストラメンバーとしての仕事は、かなりの疲労を伴うのですが、そこから戻るとまたピラティスに行く予定です。その日まで、病気などせず良い体調で乗り切れるようにと願っています。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »