« 静かな夜 | トップページ | コンサートは終わりました »

2009年3月 5日 (木)

明日はコンサート

 昨日からオーケストラとの練習が始まり、少し忙しくなりました。でも、何となく慌ただしい東京での生活とは違って、今は音楽のことと、ロシアを味わうことに集中していられるので、時間がゆったりと流れているように感じられます。
 今回は、いわばボランティアのような形で演奏に来たので、この旅行自体がホリデーみたいなものなのですが、それでも演奏はいい加減にするわけにはいきません。特に今回のプログラムであるモーツァルトの協奏曲は、私たちにとって永遠の課題とも言える音楽で、1音たりとも忽せにできない厳しさがあります。聴いていると、心が弾むような、またゆったりと夢の世界に包まれるような豊かさを持つ音楽ですが、これを生き生きと表現するにはけっこう工夫が必要なのです。
 もう 200年以上も前に作られた作品なので、解釈もさまざまです。ここのオーケストラは、きちんと強弱の差を付けてメリハリのきいた演奏をしていますが、私には強弱の差がやや過剰のように感じられ、もう少し流れるようなフレージングが欲しいと思いました。それをアドバイスすると、すぐに反応してくれ、皆の熱心さが伝わってきて嬉しくなりました。大学生も加わった地方のオーケストラだけに、良い音楽をやろうと素朴に取り組んでいる姿勢に好感を覚えます。
 ところで、この町ではまだ日本の方に一人も会いません。クルスクにはいったい日本人が住んでいるのかどうかも、私にはわかりません。でも、もしどなたか偶然にここにお住まいの方が私のブログを見て下さったなら、ぜひ明日(3月5日)の午後6時に大学のホールへいらして下さい。きっと楽しいコンサートを味わっていただくことができるでしょう。
 今夜は指揮者のお宅におじゃまし、奥様の手料理をご馳走になりながらくつろいだ時間を過ごしました。本当に、心を込めて精一杯にもてなして下さるので感動してしまいます。私は、グラス半分ほどのワインで、何度も乾杯を重ねていました。
 昨日も今日も、朝の10時から練習だったので早起きしましたが、明日は午後の4時から最終のリハーサルなので、朝は寝坊ができそうです。よい夢を見て、そして元気に明日の本番を迎えたいと思います。

|

« 静かな夜 | トップページ | コンサートは終わりました »

コメント

昨日、飯森範親さん指揮:東京交響楽団のモーツアルトの交響曲とピアノコンチェルトを(今野尚美さんのピアノで)聴いてきました。モーツアルトの時代風に仕立てられた音楽がとても魅力的でした。弦楽器の奏法や各楽器の配置であんなにちがうものなんですね...
ところで先生、この記事に対していたずらをしてきた方があるようです。トラックバックに書き込んでいます。うれしくないサイトに飛んでしまいます!!
私に何かお手伝いできることがありますか?

投稿: 石渡瑞都 | 2009年3月 5日 (木) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534021/44247966

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はコンサート:

« 静かな夜 | トップページ | コンサートは終わりました »